ホーム > 製品情報 > 産業デバイスコンポーネント > サムスチールチェッカー

サムスチールチェッカー

あなたがお使いになる鋼材の材質に間違いはありませんか -異材混入を防止するために-

サムスチールチェッカーの3大特徴

  • 非破壊で測定可能
  • ポータブル
  • 熟練不要(1回の測定時間は約5秒)

D-200型

D-200型

D-200型 仕様

表示方法 デジタル表示式
外形寸法 140X200X60(mm)(本体寸法)
重 量 約2.4kg(本体及びプローブ)
電 源 バッテリー内蔵
仕様温度範囲 0℃~+40℃
測定鋼材温度 5℃~+35℃
保存温度範囲 -10℃~+50℃
湿 度 80%RH以下
連続測定回数 5秒測定で300回
測定可能範囲 軟鋼からステンレスに至る各種鋼材及び合金
構成品 本体、プローブ、バッテリ(本体内蔵)、ケーブル(プローブ用、AC電源用、DC電源用)、キャリングケース、専用充電器、標準サンプル(2種)、棒やすり、サンドペーパー

関係資料

D-200カタログ(1.2MB)pdf

サム・スチールチェッカーはこんなときに使います

  • ミルシートと鋼材現品との一致を確認したいとき。
  • 切断した鋼板などが切断前と同一材であることを確認したいとき。
  • 材質の異なる鋼材を仕分けたいとき。
  • 材質不明の鋼材を推定したいとき。

旧製品であるサムスチールチェッカー(M-100型、D-100型)は(財)日本建築センターの検査機器性能評価委員会から評価を受けており、本製品はそれに準拠した製品です。

評価番号 BCJ-59-検機1

お問い合わせ

産業デバイス一部(大阪) TEL:06-6539-2760   FAX:06-6539-8826
産業デバイス二部(東京) TEL:03-6400-3629   FAX:03-3451-1085

ページの先頭に戻る