ホーム > 投資家の皆様へ > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示の基準

当社は、誠実で透明性の高い経営を目指し、法令遵守はもとより、高い倫理観をもって企業活動を行うとともに、株主・投資家の皆様に対しタイムリーな情報提供に努めます。会社法・金融商品取引法等関係諸法令、証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っています。

2.情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所並びに大阪証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報開示システム (TDnet)を通じて開示しています。開示した情報については、情報開示の適時性・公平性の観点から、速やかに当社ホームページに記載します。
従いまして、当社の開示情報の確認をされたい場合には、当ホームページと共にTDnet等、他の情報も合わせて参照して下さい。

3.本ホームページの位置付け

本ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索されたい方々を対象に、その便に供するために開かれています。なお、本ホームページには当社がディスクローズしている情報の全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合もあります。
本ホームページを利用されるに当たりましては、これらを十分にご理解頂いた上でのご利用をお願いいたします。

4.沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期間の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としています。この期間は、決算に関連するコメントや質問への回答を差し控えることとしております。但し、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

ページの先頭に戻る