ポリシーを抱いて生きろ 渡邊武雄 トップメッセージ

渡邊武雄 代表取締役社長

人間道場って何だ?

肩書きなくして飲んでしゃべることも大切や。

もし、キミらが立花エレテックに入社したら、まず連れていかれるのが“人間道場”。いかめしい名前やけど、「酒も料理も宿泊も無料の居酒屋」と考えてくれたらいい。2008年に大阪府堺市にオープンした8階建ての研修所“立志館”の中にある24畳の和室。 “人間道場”をつくった目的は、縦横の人間の壁を取っ払うこと。今の若い人たちは、あまり先輩や年上の人と話す機会が多くない。昔は、仕事が終わったら上司が部下を連れて飲みに行って、会社や仕事の話、私的な話まで語り合った。 仕事を離れた場だからこそ、肩書き抜きで想いをぶつけ合い、人生の先輩後輩として人間関係も醸成できた。商社は人が命や。そういう場が減った今、組織を正常に形成していくには会社として取り組まないとダメだと思った。 キミらにとっても「人としての基礎力」を上げる機会になる。だから“人間道場”。人生の先輩と語り合って、一つでも二つでも自分に得るものがあれば、丸儲けやないか。“人間道場”は有志が集まって申請すれば、いつでも使える。僕もちょくちょく顔を出すから。

小西健司

PROFILE

渡邊武雄 代表取締役社長 1968年入社

入社時から無頼で名をはせる。1993年4月海外本部長、1996年6月取締役海外本部長を経て、2000年6月に代表取締役社長に就任。2005年には東証・大証一部上場を果たす。数々の改革を実施し、今なお社内では「暴れん坊社長」と呼ばれている。