ごあいさつ

代表取締役社長
布山 尚伸

このたび代表取締役社長に選任され、6月29日付で就任いたしました布山尚伸でございます。はなはだ微力ではございますが、社業の発展のため一層精励してまいる所存でございますので、何とぞ前任者同様ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

さて、当社は2021年9月1日に、創業100周年を迎えました。
1921年、電気関係製品の卸売業と電気工事業を目的に創業して以降、三菱電機株式会社の販売代理店となり、「産業用電気機器の立花」として業界内の地位を確立して来ました。この強みを武器に、単なる機器販売にとどまらず、半導体をはじめとした電子部品及び電子機器の取り扱いを開始するとともに、技術サービスを付加する「技術商社」を志向、以来、仕入先メーカーとの共同開発を積極的に推進、お取引先様に対するアプリケーション・エンジニアリング・サービスを強化し、高度化・多様化するニーズに応える技術商社として発展してきました。

現在当社は、「安定成長で200年続く企業」を目指して、新中長期経営計画「NEW C.C.J2200」に取り組んでおり、以下の3点を重点戦略として推進しております。
1.新しい時代に適合した営業戦略の実現
・単品販売ビジネスに象徴されるモノだけの取引ではなく、モノであるハードに、コトであるシステム技術を組み合わせた提案が出来る営業力・技術力の向上を図ります。
2.体質改善のための基盤強化
・環境変化に対応できる組織にしていくために、社内実務のOA化と人事制度改革などの体制整備を両輪で進めます。
3.継続して2,000億円以上の売上を計上できる顧客基盤の獲得を目指します。

次の100年に向けて我々はスタートしております。来るべき未来社会に選ばれる技術商社を目指して、社員一丸となってチャレンジし続けますので、今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。