JP
EN

Governance(ガバナンス)

株主・投資家の皆さまとのかかわり

株主総会への取り組み

当社の最高意思決定機関として、重要事項を決定するとともに、連結計算書類等の監査結果を報告しています。
議決権の行使については、パソコンやスマートフォン等を使用することでインターネットからの行使が可能です。
また、2020年は新型コロナウイルス感染症により開催できませんでしたが、例年は総会後に株主懇談会を開催することで、株主の皆さまとの親睦を深めるとともに当社をよりよく理解していただくよう努めています。

IR活動による企業価値向上

ディスクロージャーの基準

当社は、誠実で透明性の高い経営を目指し、法令遵守はもとより、高い倫理観を持って企業活動を行うとともに、株主・投資家の皆さまに対しタイムリーな情報提供に努めています。
会社法・金融商品取引法等関係諸法令、証券取引所の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャーを行っています。

機関投資家・証券アナリスト向け決算説明会

機関投資家・証券アナリスト向けに決算説明会を本決算、中間決算の年2回、東京にて開催しています。
決算説明会の内容は、Webに資料を掲載し、PDFをダウンロードできるようにしています。

個人投資家向け会社説明会

2018年から2019年にかけて、東京、福岡、仙台、広島、名古屋、札幌で「個人投資家向け会社説明会」9回を開催。多くの方にご来場いただきました。
今後も定期的に開催していく予定で、知名度の向上と企業認知の拡大、さらに投資家・ファンの獲得につなげられるように取り組みます。

機関投資家への個別説明

企業価値の向上と適正株価形成による時価総額の拡大に向け、機関投資家への個別説明を実施しています。
2019年度も30回以上、個別の説明を行い、当社の特徴や強みについて理解していただけるよう努めました。

IRメディアの充実

株主や投資家の皆さまに、より会社の内容・業績を理解していただくためにIRツールの充実を図っています。

  • アニュアルレポート
  • 株主通信
  • データシート(連結財務諸表5カ年)
  • 個人投資家向けインターネットTV「ストックボイス」
  • 個人投資家向け情報誌による企業広告
  • ホームページ IR情報
  • IR 会社紹介ビデオ

アニュアルレポート2020、株主通信、データシート

TV「ストックボイス」への出演

ホームページIR 情報

IR 会社紹介ビデオ

個人投資家の皆さまに向けた施策の推進

当社は、個人投資家を対象としたIR活動に積極的に取り組んでいます。
全国の個人投資家の皆さまと直接コミュニケーションする機会を増やすため、本社のある大阪市や東京のみならず、全国各地で説明会を開催。2018年から2019年にかけて、計9回の開催で、計1,320人の個人投資家の皆さまにご来場いただきました。
また、投資の魅力を高め、中長期的に株式を保有していただけるよう、2018年度から株主優待制度を実施しています。2020年度からは、株主の皆さまの長期保有を促すため、継続3年以上保有している株主を対象に、株主優待で贈呈しているQUOカードの金額を増額しました。
こうした施策の結果、当社の個人株主数はこの3年で飛躍的に増加しています。今後も事業内容や企業の理念を伝えることでファン作りに力を入れていきます。

総株主数と個人株主数の推移

株主優待内容

保有株式数 継続保有期間 ※
3年未満 3年以上
100株以上1,000株未満 QUOカード
2,000円分
QUOカード
3,000円分
1,000株以上 QUOカード
3,000円分
QUOカード
5,000円分
  • 継続保有期間とは、株主名簿に記載または記録された日から基準日(3月31日)まで同一の株主番号で継続して保有した期間を指します。

個人株主の皆さまからの声(株主アンケートより抜粋)

  • 毎年、株主総会後の展示スペースのデモンストレーションを楽しみにしています。総会中にもぜひ技術者の方々からお話を聞いてみたいです。
  • 個人投資家の増加は、会社のイメージがとても良い結果だと思います。今後も応援していきたいです。
  • 3Dプリンターに期待しています。
  • インターネット配信番組に出演された際の、社長の自信に満ちた話が決め手で、株式を購入しました。
  • 個人投資家向けのIRセミナーに参加したいので大都市だけでなく地方での開催もお願いします。