JP
EN

京都市立藤ノ森小学校で「環境出前授業」を実施しました

2018年07月12日

写真:環境出前授業の様子

7月10日、京都市立藤ノ森小学校(伏見区)の4年生3クラス(110人)を対象に、「環境出前授業」を実施しました。
同校での出前授業は通算第7回目です。

本杉工機(京都府久世郡久御山町)生田産機工業(京都市伏見区)とエイコー(大阪市中央区)と当社の4社から講師を派遣しました。
授業内容は、

  1. 地球温暖化と電気について
  2. 自然エネルギーである風力発電・太陽光発電の仕組み
  3. 上手な電気の使い方について、LED照明と蛍光灯の温度の違いを体験
  4. 企業の省エネへの取り組み
  5. ソーラーカーレースを通じて太陽エネルギーを体験

―で、45分授業を3回に分けて実施しました。

当社では環境出前授業を各地の小学校で年に数回実施しています。